沿 革

 
昭和 8 年 3 月
個人創業 ブリキ販売業を営む
昭和20年10月
竹原金属工業所設立 ブリキ缶製造を始める
昭和26年 5 月
竹原製罐株式会社に法人化
昭和33年 4 月
ブリキ印刷業 株式会社 有宏社を設立
昭和45年 7 月
家庭金物分野に進出 ブリキ製油こし器製像開始
昭和48年 5 月
加古川工場 操業開始
昭和50年 8 月
スイス製シーム溶接機 導入
昭和52年 8 月
セラミック塗装の機械化成功 セラミック焼器販売開始
昭和54年 8 月
本社 工場部門増改築
昭和56年 2 月
ホーロー製焼器分野に進出
昭和56年10月
豊中倉庫・工場 新築
昭和58年 5 月
製造にロボットライン 導入
昭和63年   
シルバーストーン製品製造販売開始
平成 6 年   
鉄製フライパン「パンテック」が大阪市ニュービジネス事業に指定される

ロボットライン 2号設置
平成 7 年   
ロボットライン 3号設置
平成 8 年10月
新社屋 完成
平成 9 年 4 月
電磁用アルミ製フライパン「パンテック2」発売
平成10年 4 月
電磁用焼器「マルチロースター」発売
平成13年 7 月
電磁用アルミ製フライパンを国産化「パンテック3」発売
平成14年10月
電磁用アルミ製品に関して特許権取得 
平成14年11月
フッ素被膜に関して特許権取得
平成15年 3 月
フッ素被膜に関して特許権取得
※アルミ製品にステンレス装着とフッ素被膜関係の特許取得により、電磁調理器用(オール熱源対応)商品の生産効率効果が大きく、
 当社のステンレス装着法は1000回の加熱・冷却試験を実施(研究機関にて)・同様試験は、目的が異なりますが6回実施されております(一部資料あり)。
平成26年 3 月
油圧式プレスにて ロボットライン 設置